健康・酒の雑学・酒の原料・水

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
酒の原料・水のページ

健康・酒の雑学ノート>酒の原料・水

昔から、「名水あるところに銘酒あり」といわれています。

健康・酒の雑学ノート、このページは酒の原料・水に関して

お伝えいたします。
スポンサードリンク


酒に関して語る場合、必ずついて廻るものは水ではないでしょうか?

事実、酒造りにおいて水は非常に大切なものです。

水質の良さは、酒質の良さのアピール材料として大きなウエイトと

なっています。


このようなことから、

酒造の仕込み水はその美味しさに感激するものが多いようです。

最近、ミネラル分を多く含む「海洋深層水」が健康水として話題と

なっていますが、「海洋深層水」の塩分を取り除き酒造りに

活用されている酒造メーカーもあります。

酒造りにおいて水は、酒の直接の材料となる「仕込み水」以外にも、

米を洗う、洗った米を浸す、蒸す、加水調整、酒瓶や道具を洗う、冷却、

ボイラー用などその使用量は米の20倍~40倍になるとも言われます。


豊富な水、

しかも、質のよい水の確保は蔵の維持には

大切な要素となっています。

昔から、酒の世界で有名な仕込み水に、

灘の「宮水」、伏見の「御香水」などがあります。

硬水の部類でマグネシウムやカリウム等の有効成分を多く含み

辛口といわれる宮水でできる酒を「男酒」、

御香水でできる柔らかい甘口といわれる酒を「女酒」

と呼ばれていた時期もありました。

<よく知られている仕込み水>
 
 ・宮水(神戸・灘)

 ・御香水(京都・伏見)

 ・飯盛山系の水(福島・喜多方)

 ・海洋深層水(室戸岬など)



健康・酒の雑学ノート TOPへ
TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?

プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集


スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved