健康・酒の雑学・原酒と生酒

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
原酒と生酒のページ

健康・酒の雑学ノート> 原酒と生酒

街で売られている日本酒にもいろいろな種類・銘柄があります。

よく話題にのぼっている原酒と生酒の違いはお分かりですか?

健康・酒の雑学ノート、このページは原酒と生酒の違いを

お伝えします。
スポンサードリンク


原酒と生酒を間違って覚えている人も意外と多いようです。

原酒と生酒の定義は次のようになっています。

原酒・・・アルコールの加水調整をしない酒。

生酒・・・一切加熱処理をしない酒


酒の製造過程において、搾ったままの酒に加えるものが水であるか

熱であるかによって原酒と生酒の違いとなります。

このことから、純米タイプの酒でも、アルコール添加(アル添)された

本醸造タイプの酒でも、水が加えてなければ原酒で、

加熱されていなければ生酒です。


ところで、搾った酒に水を加えたり、加熱するのは何故なのでしょうか?

水を加える処理は、日本酒にかけられる酒税の税率が原因ともなります。

酒税の税率は、アルコールの度数に応じて定められており、アルコール

度数15%が基準で、この基準から1%上下するごとに税率が加算

されたり、減算される仕組みになっています。

もともと、日本酒は、醸造酒の中では世界で最もアルコール濃度が高い

酒とされています。

このため、醪(もろみ)を搾ったままだと、20~22%ものアルコールを

含んでいるものもあり、造り方によって度数に差が出てきます。

しかもバラツキの差は1%や2%程度ではなく、かなり広いようです。

基準を15%にすることでアルコールが出すぎたものを水で薄めて均一化

できるようにしています。

一方、加熱処理は、税とは関係なく麹(こうじ)による酵素の働きを抑えて

品質を安定させることが目的となります。

加熱処理をしない酒が、貯蔵中に成分の変化が起こりやすいのも酒の

特徴のひとつです。

原酒も、生酒もそれぞれが搾ったままという共通点があり、このことが

混乱の原因ではないかと思われます。

原酒の魅力はアルコール度数が高いダイナミックな味わいで生酒の魅力は

生きた酵母によるフレッシュな味わいにあると言われています。

近頃は、加熱も加水もしない生原酒も注目されています。


健康・酒の雑学ノート TOPへ
TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?


プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集


スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved